鍼灸医学の懐

黄帝内経の意訳と解説 最後に原文と読み下しを記しています。