鍼灸医学の懐

主に黄帝内経の意訳と解説 最後に原文と読み下しを記しています。その他、随時古典資料を追加しています。

2015-04-03から1日間の記事一覧

通評虚實論篇第二十八.

於3月 近くの公園で この篇における虚実の概念が、冒頭に《邪氣盛んなれば則ち實し、精氣奪すれば則ち虚す》と示されている。 この篇における邪気とは、読み進めていくと分かる通り、内生の邪気である。つまり精気が鬱滞すれば即邪気に転嫁することを示唆し…