鍼灸医学の懐

主に黄帝内経の意訳と解説 最後に原文と読み下しを記しています。その他、随時古典資料を追加しています。

2015-04-18から1日間の記事一覧

熱論篇第三十一.

カリンの花 於:泉北ハーベストの丘で 医聖、張仲景(150?~219)は、当時伝えられていた医学書を元に『傷寒雑病論』を著したとされているが、その序文の一説に素問、九巻(おそらく霊枢)の記述がある。 張仲景が、本篇≪熱論≫からヒントを得て、六経概念を構…