鍼灸医学の懐

主に黄帝内経の意訳と解説 最後に原文と読み下しを記しています。その他、随時古典資料を追加しています。

2015-05-15から1日間の記事一覧

評熱病論篇第三十三.

自宅近くの花壇にて 本篇では、「陰陽交」 「風厥」 「勞風」 「腎風」 の4種の熱病について、その病因・病理と治療が記されている。 熱を発するのは、気が鬱滞した実の場合と、精気が虚して発すべき気を発することができない場合とが論じられている。 注目…