移精變氣論篇第十三

本篇は、東洋医学の最も東洋医学たらんとする。核心部分について触れていると感じている。筆者にとっては、特に思い入れの大きいところで、ここで述べられていることを治療の軸に据えようと、これまで努力してきたからだ。 鍼灸医学は気を扱う医学であるが、この医学を扱う術者の目に、人間がどのように映っているのかを推…