鍼灸医学の懐

黄帝内経の意訳と解説 最後に原文と読み下しを記しています。

玉機眞藏論篇第十九.(1)




 本編は、玉版に記して毎日読み返すことを促している。

 おそらく、これらの内容を丸暗記するのではなく、これらの内容から「いち」を掴み取りなさいとのことであると、筆者は感じている。

 四季の変化につれて、人間もまた期を一にして変化するのだということは、この篇に至るまで繰り返し述べられている。

 四季の脈象の太過と不及による病位は、原文ではそれぞれ「内・外」と表現されているが、筆者は太過の時には陽腑に、不及の時には陰臓に病位があるのだと解釈される。

 まだまだ臨床で、確認すべきことが多く記載されている。

 読者諸氏のご意見を願う。


原 文 意 訳

 黄帝が問うて申された。

春の脉は弦のようであるとのことだが、その理由と様はどのようであるのか。

 岐伯がこれに対して申された。

 春の脉は肝でありまして、東方・木の性質であり、万物が生じ始める気に応じております。

 従いまして、その気がやって来るのは、やわらかくて弱く、のびやかにスッとしてなめらかであります。しかもまっすぐに整って長い感じがするものであります。それゆえに弦脉と申します。
これに反するような脈状でありますと、病んでおります。

 帝が申された。

反するとは、どのようなことであるのか。

 岐伯が申された。

 その気のやって来るのが、充実し強すぎるのを太過と申しまして、病は外表にあります。
 反対に、気のやって来るのが、充実せずに微かでありますのを不及と申しまして、病は内裏にあります。

帝が申された。

では春の脉象の大過と不及、それぞれの病状はどのようであるのか。

 岐伯が申された。

 大過でございましたら、健忘症のようになりまして、心がうつろで頭がクラクラとして目の前が暗くなったりしまして、意識障害を起こすようになります。
 不及でございましたら、胸の痛みが背中にまでつながって痛みます。少し下の腋から両脇にかけていっぱいに詰まったかのようになり、重苦しい感じが致します。

 帝が申された。了解した。
 夏の脉は鉤のようであるとのことだが、その理由と様はどのようであるのか。

 岐伯がこれに対して申された。

 夏の脉は心でありまして、南方・火の性質であり、万物が盛んになり長ずる気に応じております。
 従いまして、その気がやってくるのは、盛んで迫ってくるようでありますが、去る時にはパッと衰えるように感じます。あたかもフックのようなカギがイメージされますので、鉤と申します。
これに反するような脈状でありますと、病んでおります。

帝が申された。反するとは、どのようなことであるのか。

 岐伯が申された。

 その気の去来がともに盛んでありますのを太過と申しまして、病は外表にあります。
 反対に、気のやって来るのが、盛んではなく去る時に反って盛んでありますのを不及と申しまして、病は内裏にあります。

帝が申された。
では夏の脉象の大過と不及、それぞれの病状はどのようであるのか。

 岐伯が申された。

 太過でございましたら、身体が熱して皮膚が痛むようになります。これを浸淫と申しまして、徐々に進行して、しかもひつこく治り難い状態となります。
 不及でありますと、胸のあたりがザワザワとして落ち着きなく苦しく、上は咳や唾が、下は屁が出るようになります。

 帝が申された。了解した。
 秋の脉は浮のようであるとのことだが、その理由と様はどのようであるのか。

 岐伯が申された。

秋の脉は肺でありまして、西方・金の性質であり、万物が収まり実りとして形が成る気に応じております。
従いまして、気のやって来るのが軽くうつろで、しかも浮いているようになりまして、スッと去りパッと散じてしまうかのように感じます。ゆえに浮と申します。これに反するような脈状でありますと、病んでおります。

帝が申された。反するとは、どのようなことであるのか。

 岐伯が申された。

 その気のやって来るのが弱々しい毛で脉の中央が堅くその両傍がうつろな感じがいたしますのを太過と申しまして、病は外表にあります。
 その気のやって来るのが毛で微かでありますのを不及と申しまして、病は内裏にあります。

帝が申された。秋の脉象の大過と不及、それぞれの病状はどのようであるのか。

 岐伯が申された。

 太過でございましたら、気が上に突き上げて参りますので背中が痛み、気が塞がったようになります。
 不及でありますと、喘ぎを生じまして、呼吸には力がなくなり咳を致します。口からは血を見ることがあり、胸部では呼吸雑音が致します。

 帝が申された。了解した。

 冬の脉は営のようであるとのことだが、その理由と様はどのようであるのか。

 岐伯が申された。

 冬の脉は、腎でありまして、北方・水の性質であり、万物が蔵に合わさる気に応じております。
 従いまして、気のやって来るのは、沈んでしかも力強く搏つように感じます。ゆえに営と申します。
  これに反するような脈状でありますと、病んでおります。

帝が申された。反するとは、どのようなことであるのか。

 岐伯が申された。

 その気のやって来るのが、石を弾くような感じがいたしますのを太過と申しまして、病は外表にあります。
 その気のやって来るのが、とても速い数脈でありますのを不及と申しまして、病は内裏にあります。

帝が申された。冬の脉象の大過と不及、それぞれの病状はどのようであるのか。

 岐伯が申された。

 太過でございましたら、心身ともにだるく、背骨が痛みまして、息切れがして会話することもおっくうになります。
 不及でありますと、飢えて常に食べ物が気になるかのように、いつも心に何かが気になり、安定感が失せます。そして脇が冷え、背骨が痛み、少腹が脹り、小便に何らかの異常が現れます。

 帝が申された。了解した。

帝が申された。

四時の順序だった移り変わりと期を一にして、脈象にも順逆の変異があるとのことであるが、ひとつ残った脾の脉は、いったい何を主るのであろうか。

 岐伯が申された。

 脾の脉と申しますのは、土の性質であります。中央に位置して孤立しているかのようでありますが、四方に脾胃の気を灌いでいるのであります。

 帝が申された。しかれば脾の善悪の状態を見ることができるのであろうか。

 岐伯が申された。

 善なるものは、見ることがかないませんが、悪いもの、つまり病的なものは見ることができます。

 帝が申された。

 病的であるとは、どのような状態として見ることができるのであろうか。

 その気の来ることが、水の流れるが如きでありますと、これを太過と申しまして、病は外表にあります。
 鳥のくちばしのように堅く鋭い感じがしますものは、これを不及と申しまして、病は内裏にあります。

 帝が申された。

 そちは脾は孤臓であって、中央に位置する土で、四方に脾胃の気を灌ぐと申された。その太過と不及の病は、どのようなものであるのか。

 岐伯が申された。

 太過でありますと、手足が挙がらなくなります。
 不及でありますと、九竅が通じなくなりまして、これを重強と申します。

 帝は、まるで驚いたかのように顔色を変えて立ち上がり、うやうやしく頭を低くして礼の姿勢をとられた。そして帝がもうされた。了解した、と。

 余は脉の大要を得ることができた。天下のこれ以上ないほどの道理、五色の変化、揆度と奇恒、これら陰陽の変化の法則はただひとつである。

 神は一定の方向に向かって動くが、同じところを回ることはない。同じところを回るようであると方向性がなくなるので、気の動きである気機が失調してしまうのであります。

 最高原理であります至数の要は、身近でありながらもその現れは、かすかで微妙なものであります。

 そこでこれを永遠に保存するため、玉版に刻み、これらが自らの臓腑にまで蔵することができるように、毎朝これを読むことにする。

 そしてこの篇を、玉機と名付けられた。



原文と読み下し

黄帝問曰.春脉如弦.何如而弦.
岐伯對曰.春脉者肝也.東方木也.萬物之所以始生也.
故其氣來弱.輕虚而滑.端直以長.故曰弦.反此者病.

黄帝問うて曰く。春の脉弦の如し。何如にして弦なるや。
岐伯對えて曰く。春の脉なる者は肝なり。東方木なり。萬物の生じ始めるゆえんなり。
故に其の氣の來たること弱、輕虚にして滑、端直にして以て長たり。故に弦と曰く。これに反する者は病む。

帝曰.何如而反.
岐伯曰.
其氣來實而強.此謂太過.病在外.
其氣來不實而微.此謂不及.病在中.

帝曰く。何如にして反するや。
岐伯曰く。
其の氣の來たるや實にして強。此れを太過と謂う。病は外に在り。
其の氣の來たるや實ならずして微。此れを不及と謂う。病は内裏に在り。

帝曰.春脉太過與不及.其病皆何如.
岐伯曰.
太過.則令人善忘忽忽.眩冒而巓疾.
其不及.則令人胸痛引背.下則兩脇滿.
帝曰.善.

帝曰く。春の脉の太過與と不及、其の病皆何如なるや。
岐伯曰く。
太過なれば則ち人をして善く忘れ、忽忽(こつこつ)として眩冒して巓疾せしむ。
其の不及なれば則ち人をして胸痛し背に引く。下は則ち兩脇滿たらしむ。
帝曰く。善し。

夏脉如鉤.何如而鉤.
岐伯曰.夏脉者心也.南方火也.萬物之所以盛長也.
故其氣來盛去衰.故曰鉤.反此者病.

夏の脉は鉤の如し。何如にして鉤なるや。
岐伯曰く。夏の脉なる者は心なり。南方火なり。萬物の盛長するゆえんなり。
故に其の氣の來たるや盛んにして去りて衰うなり。故に鉤と曰く。此れに反する者は病む。

帝曰.何如而反.
岐伯曰.
其氣來盛去亦盛.此謂太過.病在外.
其氣來不盛去反盛.此謂不及.病在中.

帝曰く。何如にして反するや。
岐伯曰.
其の氣の來たること盛んにして去りて亦た盛ん。此れを太過と謂う。病は外に在り。
其の氣の來たること盛んならず去りて反って盛ん。此を不及と謂う。病は中に在り。.

帝曰.夏脉太過與不及.其病皆何如.
岐伯曰.
太過.則令人身熱而膚痛.爲浸淫.
其不及.則令人煩心.上見咳唾.下爲氣泄.帝曰善.

帝曰く。夏の脉の太過と不及、其の病は皆何如なるや。
岐伯曰く。
太過なれば則ち人をして身熱して膚痛み、浸淫を為させしむ。。
其の不及なれば則ち人をして煩心し、上は咳唾を見わし、下は氣泄を為さしむる.帝曰く、善し。

秋脉如浮.何如而浮.
岐伯曰.
秋脉者肺也.西方金也.萬物之所以收成也.故其氣來輕虚以浮.來急去散.故曰浮.反此者病.

秋の脉は浮の如し。何如にして浮なるや。
岐伯曰く。
秋の脉なる者は肺なり。西方金なり。萬物の收成する所以なり。故に其の氣の來たること輕虚にして以て浮、來たること急にして去りて散。故に浮と曰く。此れに反する者は病む。

帝曰.何如而反.
岐伯曰.
其氣來毛而中央堅.兩傍虚.此謂太過.病在外.
其氣來毛而微.此謂不及.病在中.

帝曰く、何如にして反するや。
岐伯曰く。
其の氣の來たること毛にして中央堅く、兩傍は虚す。此れを太過と謂う。病は外に在り。
其の氣の來たること毛にして微。此れを不及と謂う。病は中にあり。

帝曰.秋脉太過與不及.其病皆何如.
岐伯曰.
太過.則令人逆氣而背痛.慍慍然.
其不及.則令人喘.呼吸少氣而.上氣見血.下聞病音.帝曰善.

帝曰く。秋の脉の太過と不及、其の病は皆何如なるや。
岐伯曰く。
太過なれば則ち人をして逆氣して背痛み慍慍(うんうん)然たらしむる。
其の不及なれば則ち人をして喘し、呼吸は少気してす。上氣して血を見わし、下は病音を聞かしむ。帝曰く、善し。

冬脉如營.何如而營.
岐伯曰.
冬脉者腎也.北方水也.萬物之所以合藏也.故其氣來沈以搏.故曰營.反此者病.

冬の脉は營の如し。何如にして營なるや。
岐伯曰く。
冬の脉なる者は腎なり。北方水なり。萬物の合藏する所以なり。故に其の氣の來たること沈にして以て搏つ。故に營と曰く。此れに反する者は病む。

帝曰.何如而反.
岐伯曰.
其氣來如彈石者.此謂太過.病在外.
其去如數者.此謂不及.病在中.

帝曰く、何如にして反するや。
岐伯曰く。
其の氣の來たること彈石の如き者は、此れを太過と謂う。病は外に在り。
其の去ること數の如き者は、此れを不及と謂う。病は中に在り。

帝曰.冬脉太過與不及.其病皆何如.
岐伯曰.
太過.則令人解.脊脉痛.而少氣不欲言.
其不及.則令人心懸如病飢.(月少)中清.脊中痛.少腹滿.小便變.
帝曰善.

帝曰く。冬の脉の太過と不及、其の病は皆何如なるや。
岐伯曰く。
太過なれば則ち人をして解(かいえき)し、脊脉痛みて少氣し、言うを欲せざらしむ。
其の不及なれば則ち人をして心懸りて飢を病むがごとく、(月少)中(びょうちゅう)清え、脊中痛み、少腹滿ち、小便變ぜしむ。
帝曰く、善し。

帝曰.四時之序.逆從之變異也.然脾脉獨何主.
岐伯曰.脾脉者土也.孤藏以潅四傍者也.
帝曰.然則脾善惡.可得見之乎.
岐伯曰.善者不可得見.惡者可見.
帝曰.惡者何如可見.
岐伯曰.
其來如水之流者.此謂太過.病在外.
如鳥之喙者.此謂不及.病在中.

帝曰く。四時の序、逆從の變異なり。然れば脾脉獨り何を主るや。
岐伯曰く、脾脉なる者は土なり。孤藏にて以て四傍を潅する者なり。
帝曰く。然れば則ち脾の善惡、これを見るを得べきや。
岐伯曰く。善なる者は見るを得べからず、惡なる者は見るべし。
帝曰く。惡なる者は何如にして見るべきや。
岐伯曰く。
其の來たること水の流れるが如き者、此れを太過と謂う。病は外に在り。
鳥の喙の如き者は、此れを不及と謂う。病は中に在り。

帝曰.夫子言脾爲孤藏.中央土.以潅四傍.其太過與不及.其病皆何如.
岐伯曰.
太過則令人四支不擧.
其不及.則令人九竅不通.名曰重強.

帝曰く。夫子、脾は孤藏と為し、中央の土、以て四傍を潅すと言う。其の太過と不及、其の病は皆何如なるや。
岐伯曰く。
太過なれば則ち人をして四支擧げざらしむる。
其の不及なれば則ち人をして九竅通ぜざらしむる。名づけて重強と曰く。

帝瞿然而起.再拜而稽首.曰善.
吾得脉之大要.天下至數.五色脉變.揆度奇恒.道在於一.神轉不廻.廻則不轉.乃失其機.至數之要.迫近以微.著之玉版.藏之藏府.毎旦讀之.名曰玉機.

帝瞿然(くぜん)として起ち、再拜して稽首(けいしゅ)して善しと。

吾れ脉の大要を得たり。天下の至數、五色と脉の變、揆度と奇恒、道は一に在り。神は轉ずるも廻らず。廻れば則ち轉ぜず。乃ち其の機を失す。至數の要は、迫近きに迫りて以て微、これを玉版に著わし、これを藏府に藏し、毎旦これを讀む。名づけて玉機と曰く。

鍼専門 いおり 鍼灸院