鍼灸医学の懐

主に黄帝内経の意訳と解説 最後に原文と読み下しを記しています。その他、随時古典資料を追加しています。

傷寒ー内雍不汗 巻之二

本文は、近世漢方医学書集成18・19の「叢桂亭医事小言」(1)(2)を底本としたもので、できるだけ原書に忠実であるよう努めながら、以下のように改めてテキスト化したものである。 1.原文中のカタカナを平仮名に書き換え、現代語に近くなるようにし…

傷寒ー急証急攻 巻之二

本文は、近世漢方医学書集成18・19の「叢桂亭医事小言」(1)(2)を底本としたもので、できるだけ原書に忠実であるよう努めながら、以下のように改めてテキスト化したものである。 1.原文中のカタカナを平仮名に書き換え、現代語に近くなるようにし…

傷寒ー伝変不常 巻之二

本文は、近世漢方医学書集成18・19の「叢桂亭医事小言」(1)(2)を底本としたもので、できるだけ原書に忠実であるよう努めながら、以下のように改めてテキスト化したものである。 1.原文中のカタカナを平仮名に書き換え、現代語に近くなるようにし…

傷寒十勧 巻之二

本文は、近世漢方医学書集成18・19の「叢桂亭医事小言」(1)(2)を底本としたもので、できるだけ原書に忠実であるよう努めながら、以下のように改めてテキスト化したものである。 1.原文中のカタカナを平仮名に書き換え、現代語に近くなるようにし…

傷寒 巻之二

本文は、近世漢方医学書集成18・19の「叢桂亭医事小言」(1)(2)を底本としたもので、できるだけ原書に忠実であるよう努めながら、以下のように改めてテキスト化したものである。 1.原文中のカタカナを平仮名に書き換え、現代語に近くなるようにし…

主  客 巻之一畢

本文は、近世漢方医学書集成18・19の「叢桂亭医事小言」(1)(2)を底本としたもので、できるだけ原書に忠実であるよう努めながら、以下のように改めてテキスト化したものである。 1.原文中のカタカナを平仮名に書き換え、現代語に近くなるようにし…

病  因 巻之一

本文は、近世漢方医学書集成18・19の「叢桂亭医事小言」(1)(2)を底本としたもので、できるだけ原書に忠実であるよう努めながら、以下のように改めてテキスト化したものである。 1.原文中のカタカナを平仮名に書き換え、現代語に近くなるようにし…

察 色 巻之一

本文は、近世漢方医学書集成18・19の「叢桂亭医事小言」(1)(2)を底本としたもので、できるだけ原書に忠実であるよう努めながら、以下のように改めてテキスト化したものである。 1.原文中のカタカナを平仮名に書き換え、現代語に近くなるようにし…

腹 候 巻之一

本文は、近世漢方医学書集成18・19の「叢桂亭医事小言」(1)(2)を底本としたもので、できるだけ原書に忠実であるよう努めながら、以下のように改めてテキスト化したものである。 1.原文中のカタカナを平仮名に書き換え、現代語に近くなるようにし…

脉 論 巻之一

本文は、近世漢方医学書集成18・19の「叢桂亭医事小言」(1)(2)を底本としたもので、できるだけ原書に忠実であるよう努めながら、以下のように改めてテキスト化したものである。 1.原文中のカタカナを平仮名に書き換え、現代語に近くなるようにし…

医 学 巻之一

本文は、近世漢方医学書集成18・19の「叢桂亭医事小言」(1)(2)を底本としたもので、できるだけ原書に忠実であるよう努めながら、以下のように改めてテキスト化したものである。 1.原文中のカタカナを平仮名に書き換え、現代語に近くなるようにし…

解精微論篇第八十一.

足かけ6年に及ぶこのシリーズも、ようやく終えることが出来、自分の中にも一応の区切りがついたかのように感じている。 過去の投稿を振り返り見ると、随所に筆者のその拙さが露呈しており、赤面の情に絶えないものがある。 ここを一つの終わりにして、また次…

方盛衰論篇第八十.

いよいよ素問の意訳も残すところあと一篇となって参りました。 本篇中の厥証に関して、筆者はこれまで何度か遭遇した経験を踏まえて意訳を試みております。 またここに至って、医師としての有り様を解いていますが、象・数・理の三要素と、術者の心に映し出…

陰陽類論篇第七十九.

本篇を通読すると、まず三陰三陽の働きとその病脉象が記されている。 さらに四時陰陽の気の盛衰と死期との関係についても述べられている。 ここで述べられている内容を、気の偏在・盛衰を意識しながら手元に引き寄せ、理解しようと試みた。 それだけでなく、…

徴四失論篇第七十八.

本篇は、前篇<疏五過論>に引き続いて、治療者への戒めと理解される内容である。 学校教育で授かった経絡学や東洋医学理論は、有資格者であれば一定のレベルにあります。 この誰でもが知っている程度のことでは、実際の臨床においては不十分であると記され…

疏五過論篇第七十七.

本篇に記されている内容は、内経医学の疾病観に関わることが記述されている。 人生には卒業・入学・就職・退職・結婚・離婚・死別など、数多くの節目や浮き沈みがつきものである。 このような人生の荒波の中で、人は様々な事を思い感情もまた揺れ動くもので…

示從容論篇第七十六.

本編は、従容(しょうよう)たることの重要性を説いているが、同時に少数鍼の根拠ともなりえる内容である。 筆者は、父親から多く鍼を用いるものは下手くそであり、上手なものはホンの少数しか鍼を用いないものだと伝えられた。 さて、従容とはいったいどの…

著至教論篇第七十五.

本篇では、天人合一思想を軸として陰陽論を駆使して記されている。 本中に「上は天文を知り、下は地理を知り、中は人事を知る」とあるは、上は天気に応じ、下は地気に応ずと読み替えることができる。 中の人事は、我々の意識的・理知的な働きとして読んでも…

12.足厥陰 肝

志ある学徒の、簡便な道具にならんことを願って読み下文を記しています。 また初学者のため、重複の労をいとわずルビをふっています。 誤りを見つけられましたら、どうかコメント欄に投稿をお願いいたします。 底本 『霊枢』明刊無名氏本『新刊黄帝内経霊枢…

11.足少陽 胆

志ある学徒の、簡便な道具にならんことを願って読み下文を記しています。 また初学者のため、重複の労をいとわずルビをふっています。 誤りを見つけられましたら、どうかコメント欄に投稿をお願いいたします。 底本 『霊枢』明刊無名氏本『新刊黄帝内経霊枢…

10.手少陽 三焦

志ある学徒の、簡便な道具にならんことを願って読み下文を記しています。 また初学者のため、重複の労をいとわずルビをふっています。 誤りを見つけられましたら、どうかコメント欄に投稿をお願いいたします。 底本 『霊枢』明刊無名氏本『新刊黄帝内経霊枢…

9.手厥陰 心包

志ある学徒の、簡便な道具にならんことを願って読み下文を記しています。 また初学者のため、重複の労をいとわずルビをふっています。 誤りを見つけられましたら、どうかコメント欄に投稿をお願いいたします。 底本 『霊枢』明刊無名氏本『新刊黄帝内経霊枢…

8.足少陰 腎

志ある学徒の、簡便な道具にならんことを願って読み下文を記しています。 また初学者のため、重複の労をいとわずルビをふっています。 誤りを見つけられましたら、どうかコメント欄に投稿をお願いいたします。 底本 『霊枢』明刊無名氏本『新刊黄帝内経霊枢…

7.足太陽 膀胱

志ある学徒の、簡便な道具にならんことを願って読み下文を記しています。 また初学者のため、重複の労をいとわずルビをふっています。 誤りを見つけられましたら、どうかコメント欄に投稿をお願いいたします。 底本 『霊枢』明刊無名氏本『新刊黄帝内経霊枢…

6.手太陽 小腸

志ある学徒の、簡便な道具にならんことを願って読み下文を記しています。 また初学者のため、重複の労をいとわずルビをふっています。 誤りを見つけられましたら、どうかコメント欄に投稿をお願いいたします。 底本 『霊枢』明刊無名氏本『新刊黄帝内経霊枢…

5.手少陰 心

志ある学徒の、簡便な道具にならんことを願って読み下文を記しています。 また初学者のため、重複の労をいとわずルビをふっています。 誤りを見つけられましたら、どうかコメント欄に投稿をお願いいたします。 底本 『霊枢』明刊無名氏本『新刊黄帝内経霊枢…

4.足太陰 脾

志ある学徒の、簡便な道具にならんことを願って読み下文を記しています。 また初学者のため、重複の労をいとわずルビをふっています。 誤りを見つけられましたら、どうかコメント欄に投稿をお願いいたします。 底本 『霊枢』明刊無名氏本『新刊黄帝内経霊枢…

3.足陽明 胃

志ある学徒の、簡便な道具にならんことを願って読み下文を記しています。 また初学者のため、重複の労をいとわずルビをふっています。 誤りを見つけられましたら、どうかコメント欄に投稿をお願いいたします。 底本 『霊枢』明刊無名氏本『新刊黄帝内経霊枢…

2.手陽明 大腸

志ある学徒の、簡便な道具にならんことを願って読み下文を記しています。 また初学者のため、重複の労をいとわずルビをふっています。 誤りを見つけられましたら、どうかコメント欄に投稿をお願いいたします。 底本 『霊枢』明刊無名氏本『新刊黄帝内経霊枢…

1.手太陰 肺

志ある学徒の、簡便な道具にならんことを願って読み下文を記しています。 また初学者のため、重複の労をいとわずルビをふっています。 誤りを見つけられましたら、どうかコメント欄に投稿をお願いいたします。 底本 『霊枢』明刊無名氏本『新刊黄帝内経霊枢…