鍼灸医学の懐

主に黄帝内経の意訳と解説 最後に原文と読み下しを記しています。その他、随時古典資料を追加しています。

2014-07-21から1日間の記事一覧

湯液醪醴論篇第十四

本篇は、前篇 『移精変気論』の続編のようにして読むのが、宜しいように考える。 時代が下がるにつれて、病気の質は深刻化し、治らない病が増加の一途である。 その原因のひとつには、本文にあるように、鍼灸医学を担う者が、鍼の妙道に達していないことが挙…