鍼灸医学の懐

主に黄帝内経の意訳と解説 最後に原文と読み下しを記しています。その他、随時古典資料を追加しています。

2015-01-18から1日間の記事一覧

八正神明論篇第二十六.

ここに至るまでの篇で、四時による陰陽の盛衰・消長と、人体との相関は何度も重複して記載されている。 この篇では、新たに月の満ち欠けによる、陰陽の盛衰・消長と人体の関係を説き、補瀉にまで言及している。 女性の月経周期が、月の満ち欠けと相関してい…