鍼灸医学の懐

主に黄帝内経の意訳と解説 最後に原文と読み下しを記しています。その他、随時古典資料を追加しています。

2015-03-12から1日間の記事一覧

離合眞邪論篇第二十七.

黄帝内経の著された時代と現代の病の相違を考えると、本文中の邪が、内生的なもので無く、多く外からやってくるものとして記載されている事から、当時は圧倒的に外邪による発病が多かった事が容易に知ることができる。 後漢に著された傷寒雑病論は、現代で言…