鍼灸医学の懐

主に黄帝内経の意訳と解説 最後に原文と読み下しを記しています。その他、随時古典資料を追加しています。

2015-04-29から1日間の記事一覧

刺熱篇第三十二.

雨に濡れても、燃えるようなツツジ《霊枢・壽夭剛柔第六》に「風寒は形を傷り、憂恐忿怒は気を傷る。氣は藏を傷れば、乃ち藏を病む。寒は形を傷れば、乃ち形に應ず」と、明確に記載されている。しかしながら、この篇で言うところの熱病の病因は、外感病と七…