鍼灸医学の懐

主に黄帝内経の意訳と解説 最後に原文と読み下しを記しています。その他、随時古典資料を追加しています。

2016-08-21から1日間の記事一覧

長刺節論篇第五十五.

慶良間 前篇に引き続き鍼法について述べられているが、鍼の補寫、遅速、深浅に関しては、他篇と矛盾することが多々ある。 これらから推測できることは、刺法に関しては当時から様々な流派ややり方があったことが分かる。 これは巨刺と繆刺も同じである。 巨…