鍼灸医学の懐

主に黄帝内経の意訳と解説 最後に原文と読み下しを記しています。その他、随時古典資料を追加しています。

2019-09-29から1日間の記事一覧

著至教論篇第七十五.

本篇では、天人合一思想を軸として陰陽論を駆使して記されている。 本中に「上は天文を知り、下は地理を知り、中は人事を知る」とあるは、上は天気に応じ、下は地気に応ずと読み替えることができる。 中の人事は、我々の意識的・理知的な働きとして読んでも…