鍼灸医学の懐

主に黄帝内経の意訳と解説 最後に原文と読み下しを記しています。その他、随時古典資料を追加しています。

察 色

 本文は、近世漢方医学書集成18・19の「叢桂亭医事小言」(1)(2)を底本としたもので、できるだけ原書に忠実であるよう努めながら、以下のように改めてテキスト化したものである。

  

  1.原文中のカタカナを平仮名に書き換え、現代語に近くなるようにした。

  2.おくりがなは、現代文に通じるように改めた。

  3. 原文中の漢文は、読み下し文に改めた。

  4.文集のカタカナのルビは原文の記載をそのまま記載した。

  5.筆者ルビは、ひらがなで記載した。

  6.句点は、筆者の読みやすき所に置いた。

  7.本文中の引用箇所は、筆者がこれを追記し括弧でくくって表記した。

 

察 色


 扁鵲伝に病の応は大表に見(あらわ)るとて、察色大切の見所、証候を知る所なり。四診の望の字なり。
 顔色声音呼吸は定まりたることは余も知らざれども、診察の一にて、人相者は一生の吉凶も云うことなり。さすれば見所多きものと知るべし。


 さて病人に対したる初日に、一々に心を付けて見て置くべし。夫れより後に変のある時は、初日の診と比べて見ると、甚だ心得になることあるものなり。


 顔色の赤きは上逆、唇の白きは凶兆なるは俗人も知れる所なり。

 たとえば其の赤と白を得ると見て置けば、前よりよきか悪きかと、後に計り知ることなる。

 度々心を付けて見れば、後には熱の伏したる顔色も、又狂騒するも、快を得るも、死に近きも知るべし。又眼中にてみえることもあるものなり。

 平人の喜怒の色は誰も知れる。病人の色は、猶更心を用ゆるならば何ぞ知れざらん。『医種子』に載りたる察色の法を見て、古人の察色を論じること此の如きを知るべし。

 嘗て桓公、諸侯を令(レイ)することを読むに、衛人後れて至る。公朝して管仲と衛を伐たんと謀る。退朝して奥へ入れり。

 衛姫君を望見して、堂を下りて再拝して衛君の罪を請う。公の曰く、吾が衛に於いて故なし、子何ぞ請うことをする。

 曰く、妾、君の入りたまうを望むに、足高く気強し。国を伐つの志あり。妾を見て動く色あるは、衛を伐つなりと申しける。

 明日公朝して管仲揖(イツ)して進ましむ。管仲曰く、君は衛を捨てたまうか。公の曰く、仲父何ぞこれを知れる。

 仲曰く、君の朝に揖するや恭して言を出したまうに、往々臣を見て※慙(ハツ)る色あり。臣ここを以て知れりと。 
 此の二人は心を専らにして桓公に事える故に、其の容貌を見て、其の用捨を知れり。 

 若し能く心を病者に専らにしなば、一望して其の病の深遠自然に知るべし。又季札が楽を聞きて言う所も、聞法の一義なりといえり。


※揖(イツ・ゆう)・・・中国の昔の礼の一。両手を胸の前で組み、これを上下した

            り前にすすめたりする礼。

※慙・・・はじる。はじ。「慙愧(ざんき)・慙死/無慙」  (コトバンクより)

 

 声音は力の脱(ヌケ)たるは早く知れる所なり。肺癰は声音にてよく知れることあり。肺痿は猶更なり。ひしげたようにてさびのある声になり、咳嗽までひしげた様になるものなり。

 麻疹の咳はよく肺癰に似たり。小児の痢病などの日を経て脱したるは、泣き声かなぎり高く細くなるもの凶候なり。

 気急する病人、呼吸につれて小鼻の動くは久病ならば死に近し。久病ならずとも安からぬことと思うべし。是を鼻扇と云うなり。

 爪の色も見所なり。青は寒、紫は瘀血など論ず。黄胖は爪の色潤沢ならず。或いは条理高く垢つき、或いはくだけて長ぜず、或いは厚くなりてへげる、或いは薄くなりて反りてかけるものなり。又黄疸は眼中と爪甲より、早く見ゆるもの多し。

 皮膚の覆うもの無き故に透明して早く黄の見ゆるなり。爪は骨のようなれども条理ありて津液ここに通ず。怪我(ケカ)して強く爪を打つと瘀血条理に結して染まる如く。爪をはさむ時に小口(コクチ)より見て、血も打ちためて凝りたるは知るべし。

 労瘵に桃花蛀と云うことあり。『証治要訣』に云う。面色故の如く、肌体自ら充(ミチ)、外は無病の如きに看て内は虚損すること有り。俗に桃花蛀と呼ぶ。新に粧(ヨソオウ)者の如し。 顔色良ろしきとて悦ぶことに非ず。決して死を免がれず。

 又惣身顔色ともに痩せて両顴(ホウホネ)ばかり赤くせしめ、紅を粧えたるが如く見ゆるを帯桃花と云う。

 労瘵に多くあらわれ、婦人・鼓脹にも有る候なり。何れも同じく難治なり。

 『外台(秘要)』に云たる、崔氏方の五蒸を治するの処に、嗽後面色白く、両頬(ホウ)赤を見(あら)わことすこと臙脂(えんじ)色の如し。

 団々とせしめ銭許(ハカリ)の大きさの如く、左に臥すれば即ち右に出る。唇口常の鮮赤に非ず。若し至りて赤鮮(アカスギル)なれば即ち極めて重し。十なれば則ち七は死し、三は活くとあり、今は医の拙なきにや十に一生なし。

 口眼喎斜するは中風にある証なれども、壮年の人の手足も滞る所なく俄に口眼喎斜(クハシャ)するはやはり中風の一証をあらわせるなり。何の事もなく中風の薬にてよし。其の壮実をたのんで酒色過度の人、老来にて発する中風を取り越えて発したる故、諸証具せずに一証を表わせしなり。

 癩風も口眼咼斜する者あり。肉色を見て麻木を尋ぬべし。中風と違い一ヶ所ずつに 瘀血の凝って不 仁(ヒトハタナラス)する者、其の処血色を察すべし。中風と異なり、又毛髪の脱落するや否をも察すべし。

 痘は全く察色に在り。其の発する部分(ブワケ)を以て云うは信ずべかざるに似たり。

 痘の多くは凶、痘の少なきは吉と云うは天下の知る所なれども、潤沢と乾枯とに吉凶あり。紅鮮と紫黒とに吉凶ありて多少に非ず。然れども少なきものは凶候の出るは稀なり。悉くは痘瘡門にて語るべし。

 

 狐つきは望んで知るべし。然れども狐に上下あり、上狐の憑きたるはまぎれやすし。

 巫祝の言に云う、十三種ありて天狐・地狐・黒狐・白狐など云うは甚だ奇異なるよし。

 野狐は自分より口ばしりて、稲荷(イナリ)なり、赤豆飯を喰わせしめよ、なんどと云にてこれを医門に託せず、直に祈祷にかかる。
 又十三種の内の上狐に憑かれたるは、祈祷も何も構わず病人と見ゆるあり。是を医者に託す。医者も又物憑きか乱心かの堺(サカイ)知れかぬるものなり。

 中にも乱心かと思えば、本心の所もあり、狐付つきかと思えば、乱心のようにも見えて、一日の中にも色々になる。
 夜寝かね或いは死せんと欲する真似(マネ)をして看病人をつからかすものなり。

 病人も意気を得(トク)と見て熟察すべし。能く気をつけて見んとすれば、病人嫌がるは乱心には少(スク)なし。

 

 又巫祝の折風(カサオレ)と称するあり。これは益々見わけ悪(にく)し。是は常につきては居らぬものにて、ちらりちらりと風にさそわわれたる如くになるよし。

 予嘗て巫祝の功者なるに問い求めたるに、彼の教えを後に試みるに助けになりたること多し。

 食事をする所を気を付けて見るべし。口もと常ならず、或は大食になる人もあり、或は食事をするに奴婢の外は人を近づけざるものあり。
 兎角愚人を相手に仕(し)たがるか、総(そうじ)て食事に変わり有ものなり。相対して座したる時、真向(マムキ)に眼と眼を見合わせかね、必ず面を背け、或いは面を伏して両膝へ手をつき、肩をすぼめ、すくみたるようにて面を挙(アゲ)げざるは決して乱心に非ず。

 又腋下へ手を着けさせず、後へも人を廻さぬものなり。此の外に四診有りと云う。秘して伝えず。


 予嘗て試みるに又印堂ムックリ高くなりてある時もあり、気のこりたるなるべし。

 夫れを堅く押さゆれば手足の力抜けるものなり。又背を下より逆に撫でれば大いに怒るものなり。
 さて治は灸治よし、鍼もよし、紫円も効あるものなり。烏頭・瓜蒂も効はあらんと思えども未だ試みず。

 

 又大奇事あり、袂のうちに沢山に毛あることは皆人の知る所なれども、病家の味噌桶の下を見るべし。衣服へついてある毛と同様の毛あるものなり。能く利害を説て聞きすれば、鍼灸にも及ばす治するものあり。

 治せずば斯の如きの手段にせんと云うこと兼ねて心得て有る故に、其の術に恐れて治するなれば攻め道具の用意なしには利害ばかりにては治すまじ。

 子啓子嘗て狐つきを落とす鍼法を伝えられたり。子啓子は相対したるばかりにて鍼を刺したることなく験ありしよし。

 其の法は手の左右の大拇指の爪甲をこよりにて堅く縛(シハリ)り、腋下か背後に凝りたるものを力まかせに肘臂の方へ段々にひしぎ出し、肘まで出たる時、他の腰帯の類にて緊(ヒキシク)しせしめ、其の凝りたる塊の上へ鋒鍼にて存分に刺すべし、治するなり。
 其のひしぎ出す時、並々のことにては狂躁する故、人を雇(ヤトイ)て総身をかくるる処なきように尋ねてひしぎ出すべし。

 此の伝を得て後に東門先生へ物語れば、足の大拇指も縛すべし。第一病人の気を飲むように張り合いつけ(る)べし。若し向(むこう)に飲まるる時は何ほどにしても治せず。蔭鍼(カケハリ)にて狐つきの落ちると云うは、此の術なりとありけり。


 余は刺鍼を解さざるゆえ、他にも鍼家に術ありや否(や)を知らず。灸法薬方も『千金方』などに詳らかに見えたり。十三鬼穴など是なり。

 仲景の狐惑病は狐つきのことには非ず。『(叢桂)偶記』に論じ置たり。狐つきは邪崇と云うものなるに、俗医狐惑病と覚えたるを時々聞きて笑うべき事と思いしに、入門(『医学入門』)に狐つきを狐惑と書きたる所あり。仍(さ)てはめったに笑われぬものなり。

 頃(ちかごろ) 南総の名医、津田玄仙子の『経験筆記』を読むに、狐狸秘訣と云う処に曰く。

 狐憑きは人中の紋ゆがむ○喉に×此の通りの紋を生ず○腋の下に動塊あり○手の大指をかくす ○脈両方背(ソムケ)て斉(ソロ)わず忽ち変ず。

 右五証の内一つ二つもあらば狐託(ツキ)のせんき(先規)肝要なり。


 巴黄雄姜湯を用いて、其の精液を下す。巴黄雄姜湯方、巴豆・大黄・雄黄・乾姜各等分、右四味細末にして一銭ほど湯にて用うべし。大便瀉下するを以て効ありとす。若し治せずんば、又三日ばかり間をおいて用うべし。必ず愈ゆるなり。後は安神散の類を用いて補うべし。

 ※先規(せんき・せんぎ)・・・前からのおきて、しきたり、先例


 詐病(ケビョウ)を見つけずに拙(ツタナシ)と唱えらるることあり。

 元来奴婢などの主人を偽り、病に託するほどの下賎たる人に多ければ、其の智も亦上等の人をあざむくべからずと雖も、姦智巧偽の者は頗る本病に似るものあり。

 是は四診にて 乍(たちまち) に見分けるべし。猶又、師到れば壁に向かうなど古人の云う所の如く、不正の心事正人に対しかねること彼の狐つきの如し。
 『傷寒論』平脈法に曰く。設し壁に向かいて臥しせしめ、師の到れるを聞きても驚起せずして盻視(けいし)し、若しくは三言三止す。之を脈するに唾を嚥む者は此れ詐病なり。

 ※盻視(けいし)・・・にらみつける

 設(もし)脈自ら和さしめるする処なれば、此の病大いに重しと言い、当に 須(すべから) く吐下の薬を服さしめ、鍼灸数十百処すべし、乃ち愈ゆ。(『醫燈續焔』に曰く其の詐を嚇(おどす)なり」とあり。

 余は肘上を縛して脈を閉じたる体にしたるを見たることあり。眼中爽やかにて言辞度を失すること多きを以て診したりき。