鍼灸医学の懐

主に黄帝内経の意訳と解説 最後に原文と読み下しを記しています。その他、随時古典資料を追加しています。

傷寒ー急証急攻 巻之二

 本文は、近世漢方医学書集成18・19の「叢桂亭医事小言」(1)(2)を底本としたもので、できるだけ原書に忠実であるよう努めながら、以下のように改めてテキスト化したものである。

  

  1.原文中のカタカナを平仮名に書き換え、現代語に近くなるようにした。

  2.おくりがなは、現代文に通じるように改めた。

  3. 原文中の漢文は、読み下し文に改めた。

  4.文集のカタカナのルビは原文の記載をそのまま記載した。

  5.筆者ルビは、ひらがなで記載した。

  6.句点は、筆者の読みやすき所に置いた。

  7.本文中の引用箇所は、筆者がこれを追記し括弧でくくって表記した。

 

急証急攻

 

 発熱すること二三日にて、舌に白胎、粉をつけたるほど厚くみゆる時は小柴胡を用ゆるに、昼頃は黄色になり、胸膈満痛、大渇、煩躁などを見(あらわ)す。

 

 是れ伏邪、胃に伝るなり。前法に大黄を加えて之を下して煩渇少しはやみ、熱もやわらかぐかと思う中に、昼過には煩躁、発熱、舌も一面に黒くなり、刺を生ずと云うて猫の舌のようにざらざらとして、鼻孔煤けて黒くなる。此の毒、甚だ重し。

 

 急に大承気を投ず。

 

 夕方になると大いに下り、夜半より熱退き、明朝は鼻黒、胎刺さらりととれて快くなる有り。

 

 此は一日の中に数日の容体をあらわし、治法、時を越さずに配合して手際の入ることなり。

 

 毒のはげしきは伝変、至て速きなり。

 

 治法も手ぬるくては間にあわず。此の如く証にゆるゆるとした療治をしては二三日の中に死す。

 

 心得べきことなり。